エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001U / フジクラ

エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像2
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像3
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像4
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像5
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋内センサノード FSN-4001LC / EHユニットFSN-4001Uの製品画像6

【屋内センサノード FSN-4001LC】
温度、湿度、照度、気圧、人感センサを標準搭載しており、LoRaWAN通信により広範囲のセンシングデータを収集できる屋内センサノードです。(外部ポートを設けており、標準搭載以外のセンサ拡張もご要望に応じて検討可能です。)
一次電池を搭載しておりますが、色素増感太陽電池(DSC)用いた弊社EHユニット(FSN-4001U)と組合せることで、屋内照明においても完全エネルギーハーベスト動作が実現可能です。

■仕様
 ・電源:一次電池
 ・送信出力:13dBm(20mW)以下
 ・サイズ_主筐体:W:97 x H:70 x D:23mm
 ・重量:75g
 ・動作温度:-10℃〜50℃
 ・動作湿度:20%Rh~85%Rh(結露無きこと)

■送信データ
 ・電池情報
 ・電池残量
 ・人感検知
 ・温度
 ・湿度
 ・照度
 ・気圧
 ・蓄電情報

【EHユニット(FSN-4001U)】
色素増感太陽電池(DSC)から屋内センサノードFSN4001LCへ電力を供給するユニットです。電力を蓄電する機能、電力供給電圧への昇圧機能、一次電池との電源切り替え等電源マネジメント機能を持っています。

■仕様
 ・電源:色素増感太陽電池+内蔵1次電池(ハイブリッド構成時)
 ・サイズ_主筐体:W:150 x H:170 x D:100mm
 ・重量:160g
 ・動作温度:-10℃〜50℃
 ・動作湿度:20%Rh~85%Rh(結露無きこと)

製品についてのお問い合わせはこちら

見積もり依頼する