エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LC / フジクラ

エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像2
エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像3
エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像4
エネルギーハーベスト型LoRaWAN(TM)屋内センサノード FSN-4001LCの製品画像5

温度、湿度、照度、気圧、人感センサを標準搭載しており、LoRaWAN(TM)通信により広範囲のセンシングデータを収集できる屋内センサノードです。
一次電池を搭載しておりますが、色素増感太陽電池(DSC)用いた弊社EHユニット(FSN-4001U)と組合せる事で、屋内照明においても完全エネルギーハーベスト動作が実現可能です。
また、外部ポートを設けており、標準搭載以外のセンサ拡張もご要望に応じて検討可能です。
2019年1月末 CS試作品 リリース
2019年4月  商用品 リリース

・サイズ:97(W)×70(H)×23mm(D)
・質量:約75g
・電源:一次電池

開発中

製品についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ