エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-OD / フジクラ

エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像1
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像2
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像3
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像4
エネルギーハーベスト型LoRaWAN屋外センサノード FSN-4002L-ODの製品画像5

温度、湿度、照度、気圧センサを標準搭載しており、LoRaWAN通信により広範囲のセンシングデータを収集できる屋外センサノードです。(外部ポートを設けており、標準搭載以外のセンサ拡張もご要望に応じて検討可能です。)
間欠駆動による低消費電力運用、低消費電力回路設計技術、低照度でも高効率で発電する色素増感太陽電池(DSC)により、日陰の様な低照度環境においてもエネルギーハーベスト動作を実現可能です。
本製品は防水仕様(IPX4)となっております。

■仕様
 ・電源:色素増感太陽電池+リチウム電池
 ・サイズ_主筐体:W:135 x H:155 x D:85mm
 ・重量:720g
 ・動作温度:-20℃〜50℃
 ・動作湿度:20%Rh~85%Rh(結露無きこと)

■送信データ
 ・電池情報
 ・電池残量
 ・温度
 ・湿度
 ・照度
 ・気圧
 ・蓄電情報

製品についてのお問い合わせはこちら

見積もり依頼する