閉域プライベートプラン | センスウェイ株式会社

センスウェイのLoRaWANサービス「SenseWay Mission Connect」に、NTTPCコミュニケーションズのMaster’sONE IP-VPN閉域網を活用した、お客さま専用で安心安全な閉域型LoRaWAN サービスです。

閉域型LoRaWANの特長

1.スピーディーにIoTネットワークの立ち上げが可能

プライベートLoRaの場合、お客さま自らが全ての設定をしなくてはならず、導入まで非常に手間がかかりますが、閉域型LoRaWANサービスを利用することで基地局、管理サーバーなどの運用が不要になり、簡単に利用開始することができます
温湿度センサー、GPSトラッカー、開閉センサーなど多数のLoRaWAN対応デバイスにも対応しており、スピーディーな立ち上げが可能です。

2.閉域網を利用することで高いセキュリティを確保

インターネットを経由するLoRaWANはサイバー攻撃などのセキュリティリスクがありますが、閉域型LoRaWANサービスではインターネットに接続せず、お客さまごとのNTTPC閉域網で利用するので、安全にIoTデータの送受信ができます。
鉄道車両、自動車など移動体に閉域型の基地局を設置することで、移動中でも複数のセンサーデータを安全に取得することができます。

3.初期コストを低減

自営で基地局を設置するプライベートLoRaでは、LoRa基地局の設置などお客さまが負担する初期コストが高くなってしまいますが、閉域型LoRaWANサービスを使うことで初期コストを低減し、費用を平準化することができます。

サービス構成イメージ

使用シチュエーション

LoRaWANと閉域網の利用を求めるセキュリティ重視のお客さま
・自治体(防災、インフラ管理、スマートメーター等)
・製造業(設備監視等)
・警備業界(機械警備等)
・消費者向けサービス(高齢者の見守り)
・建設業(漏水検知、作業員見守り、位置情報等)

申し込み方法

お気軽にお問合せください