施設に3軸の加速度センサーを設置し、老朽化をチェック
遠地の施設の確認コストを大幅削減

施設管理

課題

老朽化している施設が遠地に点在しており、定期的な確認に工数がかかっている。
また、訪問が難しい拠点もあり、老朽化のチェック自体が
できていない施設も存在している。

解決方法

3軸加速度センサーを橋脚などの施設、構造物に設置し遠隔監視を行なう。

【費用例】
・初期費用:約1,700万円(センサー数:1,000)
・月額費用:約23万円

導入効果

3軸の加速度センサーを設置し、日々の状態を遠隔監視することで訪問での定期確認の頻度を削減。
あわせて今まで訪問できていなかった施設の遠隔監視も開始。
安価に監視が可能になり、交換コストの軽減も行える。

シェアする