Responsive image
Responsive image
詳細は、リンク先の厚生労働省サイトをご覧ください

お見積り・製品に関する問い合わせは

暑さ指数(WBGT)とは


暑さ指数 (WBGT) は, 熱中症予防の指標として広く用いられている指数です。

暑さ指数 (WBGT) は, 熱中症予防の指標として広く用いられている指数で、熱中症指数とも呼ばれます。この指数は、1954年にアメリカ・サウスカロライナ州パリスアイランドの海兵隊新兵訓練所で、 熱中症のリスクを事前に判断するために開発されました。その後、1975年にアメリカスポーツ医学会が 暑さ指数を用いた長距離走の指針を公表するなど、社会で活用され始め、1982年にISOで採択されました。

 日本では、1994年に(財)日本体育協会が「熱中症予防の原則およびガイドライン」を発表し、スポーツ活動中の熱中症事故予防を呼びかけたのをはじめとして、2006年には環境省が「熱中症予防情報」サイトを開設し、ウェブサイトを通じて国内各地の暑さ指数(WBGT)の情報を提供する仕組みを本格的に運用開始しました。

詳細についてはこちら >> 環境省サイト https://www.wbgt.env.go.jp

センスウェイの熱中症予防
IoTソリューションのシステム構成
※クラウド活用で直ぐに利用が可能です

Responsive image

システムの特徴


● 特徴1 24時間自動測定

 人的作業負担ゼロ


● 特徴2 屋内・屋外OK

 屋外用は完全防水仕様


● 特徴3 電池交換不要

 太陽光搭載センサー(色素増感太陽電池(DSC:Dye-sensitized Solar Cell))センサノードで電池交換不要

● 特徴4 JIS規格に準拠

 JIS規格に準拠した指数計測

● 特徴5 配線不要・簡単設置

 ワイヤレスでポン付け可能!工期短縮に

※本センサーは株式会社フジクラの製品です。

優れた管理画面

Responsive image
Responsive image

集めたデータを直感的に閲覧可能、危険な状態に素早く気が付くことができます。

LoRaWANによる広域一括接続

Responsive image

LoRaWAN通信で広い現場でも一個のゲートウェイでデータを集めることができます。

お問い合わせはこちら