LoRaWAN™とは? | センスウェイ株式会社

LoRaWANとは、LPWA(省電力長距離通信)の一種で、「LoRa Alliance(外部サイト)」が定めた「無線ネットワーク規格」の名称です。IoT向けの通信規格で、世界的に広く利用されています。

また、LoRaWANはライセンス不要のアンライセンスバンド(特定小電力無線、またはISMバンド等とも呼ぶ)で、サブギガ帯と呼ばれる920MHz帯を使用しています。

「LoRa」と「LoRaWAN」の違い

IoT関連で「LoRa」という単語がありますが、これは「Long Range」の略称で、無線の変調方式を指す単語です。「Long Range」という名の通り、長距離での通信が可能な方式となっています。

LoRaWANは、この「LoRa」の変調方式を採用したネットワーク規格で、「WAN」の部分は「Wide Area Network」の略称です。全て繋げると「Long Range Wide Area Network」になり、直訳で「長距離広域ネットワーク」となります。

※LoRaWANの規格では、変調方式にLoRaではなくFSK(frequency shift keying、周波数偏移変調)を利用することも認められています。

LoRaWANの特徴

低電力、省電力

LoRaWANは、ボタン電池1個で双方向通信が可能です。3G回線等を利用した通信方式に比べて非常に省電力であると言えます。なので、頻繁な充電作業などが必要なく、設備維持にかかるコストもLoRaWANの利用により大きく削減することができます。

長距離通信

『「LoRa」と「LoRaWAN」の違い』の項目でも触れましたが、長距離での通信に特化しているため、長距離通信が大きな特徴のひとつであると言えます。

弊社の行なった性能実証実験では、富士山の五合目から千葉県柏市の柏の葉キャンパスの基地局まで 123.43km のデータ送信に成功しました。

携帯電話の800MHz帯がおよそ2~5km届くと言われているので、LoRaWANが「長距離特化」の通信方式であることがお分かりいただけるかと思います。

性能実証実験については、「性能実証」のページをご覧下さい。

室内でも利用可能

LoRaWANの使用する920MHz帯は、電波の回り込み特性に優れていて、障害物を避けるようにして通信を行ないます。

しかし、それでもコンクリートの壁に囲まれた屋内など、通信状況が不安定になる状況がどうしてもあります。この場合、室内にゲートウェイと呼ばれる機器を設置することで、LoRaWANは室内でも通信を快適に行なうことができるようになります。

ゲートウェイは、無線LANルーター(Wi-Fi)のようなイメージです。部屋の隅々まで網羅し、通信を行ないます。

ノイズに強い

LoRaWANの使用する920MHz帯は、他の無線ネットワークが存在する環境下でも安定的に通信を行なうことが可能です。

例えばWi-Fiの2.4GHz帯は密集すると互いに干渉を起こして接続が不安定になりますが、LoRaWANの電波は他電波の影響を受けにくいので、そういった不具合に頭を抱える必要はありません。

通常なら確実に電波干渉が起きるであろう、無線設備の入った工場内などでも安定して運用することが可能です。

センスウェイ LoRaWANの特徴

最大242byteの大容量通信

多くのLoRaWANは、送受信できるデータ量が「11byte」となっていますが、弊社のご提供するLoRaWANは、最大で「242byte」と、従来の最大22倍のデータ量で通信を行なうことが可能です。

難しいとされてきた242byteでの通信ですが、弊社の行なった性能実証実験で、東京・台東区のタワーマンションから26.17km離れた柏の葉キャンパスまで242byteのデータ通信に成功しました。

性能実証実験については、「性能実証」のページをご覧下さい。

基地局の接続数

ひとつの基地局に対するデバイスの接続数ですが、弊社のご提供する基地局は、なんと数千デバイスの接続に対応することができます。

しかも、送受信どちらも可能です。

長距離、かつ基地局の接続数が多いので、弊社のご提供するLoRaWANは安定した通信を行なうことができます。