腕時計型のセンサーで作業者の状態を迅速に把握
安価なランニングコストで熱中症のリスクを大幅に削減

建設業

課題

建設現場では作業員の体調管理の手段がなく、体調不良による作業への影響が大きかった。
作業者の見守りにウェアラブルセンサーの導入を検討したが、Bluetooth方式であったため、携帯電話も持つ必要があり、初期費用、ランニングコストが高くなっていた。

解決方法

心拍、加速度、GPSセンサーを搭載したウェアラブルデバイスを身に着け、データを取得

【費用】
・初期費用:約3,100万円(センサー数:1,000)
・月額費用:約23万円

導入効果

腕時計型のセンサーのみでLoRaWAN通信が可能となっているため、初期費用、ランニングコストを大幅に削減。
熱中症症状を判定・通知し、労災の防止、適切な人員配置が可能になった。

シェアする