Azure IoT Hub連携方法 | センスウェイ株式会社

センスウェイ株式会社

2018.09 Ver.01
2022.11.30 Ver.02

 

Azureの登録

SenseWay Mission Connectでは、Azure IoT Hubとの連携機能を提供しています。Azure IoT Hub連携にあたっては、Azureアカウントが必要となります。すでに作成されている場合は、アカウント情報をご用意ください。
アカウントがない場合は、クレジットカードの登録が必要ですが、無料で始めることができます。詳しくはマイクロソフトAzureのサイトをご覧のうえ作成ください。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/
画像:Microsftトップ画面

Azure IoT Hubの作成

「Microsoft Azure Portal」にアクセスします。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/features/azure-portal/

右上の「サインイン」、または青色の「サインイン」ボタンより、マイクロソフトAzureアカウントにログインします。
画像:Azureトップ画面

画面左側メニューの上部にあるAzure サービス>「リソースの作成」をクリックします。

画像:リソースの作成

左メニュー「モノのインターネット(IoT)」を選択

画像:項目モノのインターネットの位置

右側の列一番上に出てくる「IoTHub」または「作成」をクリックします。

画像:項目IoT Hubの位置

IoT Hub 「基本」プロジェクトの詳細の記入をします。

画像:IoTHub項目入力

サブスクリプション 「無料試用版」および作成したリスト
リソースグループ 「新規作成」⇒「任意の名前」
リージョン Azureデータセンターの地域です。ご自身の地域に近いものを選択ください。(例:Japan East)
IoTHub 名 任意の名前(アルファベットと数字を必ず用いて、記号は「:」と「-」のみ使用できます。)

 

「管理」
価格とスケールティアは、ご利用のデータ量に応じたレベルを選択します。ここではF1: Freeレベルにしています。

画像:管理画面

すべて入力したら、「確認および作成」をクリックし、確認画面が表示されます。
OKであれば、「作成」をクリックすると、デプロイ実行中のモードになります。しばらく待つと緑のチェックマークが表示され利用できるようになります。

画像:確認画面

 

デバイスの追加

SenseWay Mission ConnectでDevEUIを確認

デバイスIDの確認

センスウェイミッションコネクトの管理コンソールにログインします。
https://console.senseway.net/login

画像:センスウェイミッションコネクト管理画面

Azure IoT Habと連携したいデバイスのDevEUIをコピーします。

画像:DevEUIコピー画面

Iot Habの設定にペースト

デバイスの登録
デバイス管理→デバイスから、デバイスを追加します。

画像:アカウント追加手順

「デバイス ID」の欄にコピーしたDevEUIをペーストし、「保存」を押します。

画像:デバイスID登録

デバイスがリストに追加されました。追加されたデバイスをクリックします。

画像:デバイスリスト

自動で各種Key等が生成されています。

画像:各種Key

 

自動で生成された各種Key等のうち、次の3つの情報を確認します(この後の手順で、コピー&ペーストします)。

  1. HostName(※)
    HostNameは、下の二つの欄、「プライマリ接続文字列」「セカンダリ接続文字列」で確認できます。
    例)「HostName=〇〇〇〇.azure-devices.net;DeviceId=~~~~」
    この中の「〇〇〇〇.azure-devices.net」の部分が、HostNameです。
  2. デバイス ID(先ほどコピー&ペーストしたDevEUIと同じです)
  3. 主キー

SenseWay Mission Connectで連携設定する

上記の3つの情報を確認したら、SenseWay Mission Connect 管理コンソールの画面に戻り、デバイス一覧からデバイスの「編集」をクリックします。

画像:Key確認

編集画面が表示されます。「外部連携設定」欄の「設定」をクリックします。

画像:編集画面

「外部連携タイプ」のプルダウンメニューから、「Azure IoT-Hub」を選択します。

画像:外部連携タイプ

このような入力画面が表示されますので、先ほどAzure側で確認した3つの項目を、入力します。

画像:Azure情報入力画面

入力したら、左下の「更新」ボタンを押します。

これで、センスウェイミッションコネクトとAzure IoT Hubが連携できました。

画像:登録完了画面

連携が完了したら、試しにデバイスからデータを送信してみましょう。
連携が正しくできていれば、上記画像の赤枠のように、「外部連携 最終結果」の欄に「OK」という送信結果が表示されます。

この後の連携後の操作については、Azure側での作業となります。詳細はマイクロソフト社AzureのWebサイトなどを参照ください。