プレスリリース | センスウェイ株式会社

「144Labとセンスウェイ LoRaWAN(TM)を活用したデバイスとネットワークサービスの開発で協業 ~両社の強みを生かしたLPWAをより身近にすぐに使えるサービスの提供を開始~」のアイキャッチ画像

144Labとセンスウェイ LoRaWAN(TM)を活用したデバイスとネットワークサービスの開発で協業 ~両社の強みを生かしたLPWAをより身近にすぐに使えるサービスの提供を開始~

株式会社144Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:金本 茂 以下、144Lab)とセンスウェイ株式会社(本社::東京都中央区 代表取締役社長:神保 雄三 以下、センスウェイ)はセンスウェイの提供するIoT通信プラットフォームサービスであるSenseWay Mission Connect※1を基盤として新たな製品開発と販売に向けた協業を開始することを発表いたします。

「金沢工業大学とセンスウェイ、 LPWAのLoRaWAN ™を活用したIoT分野での共同研究で提携 ~キャンパス内に基地局を設置、金沢市を中心とした 大規模IoT研究フィールドを構築~」のアイキャッチ画像

金沢工業大学とセンスウェイ、 LPWAのLoRaWAN ™を活用したIoT分野での共同研究で提携 ~キャンパス内に基地局を設置、金沢市を中心とした 大規模IoT研究フィールドを構築~

金沢工業大学(所在地:石川県野々市市、学長:大澤 敏 以下、KIT)とセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下、センスウェイ)は、LPWA※1のLoRaWAN※2を活用したIoTの新たな価値創出と、サービス実現を目指した共同研究と、相互での協働を実施していく旨の提携を締結いたしました。また、本提携の取組みの一環としてセンスウェイは金沢工業大学の主要2キャンパスにLoRaWAN基地局設備を構築、金沢市周辺におけるLoRaWAN通信が可能な大規模IoT研究フィールドを展開してまいります。本提携の取組み第1弾として、2019年2月15日(金)に扇が丘キャンパスへの基地局を設置し、2019年2月16日(土)には扇が丘キャンパスにて本基地局を使ったLoRaWAN技術セミナーを開催致しました。

「「LPWAに対応した次世代スマートメーター活用プラットフォームの 共同開発プロジェクト」を始動」のアイキャッチ画像

「LPWAに対応した次世代スマートメーター活用プラットフォームの 共同開発プロジェクト」を始動

大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)とセンスウェイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神保 雄三、以下「センスウェイ」)は、本日開設した「NEXT 100tex Lab(ネクスト ヒャクテックス ラボ)」において、「LPWAに対応した次世代スマートメーター活用プラットフォームの共同開発プロジェクト」を始動します。

「センスウェイとピクスー、11種類のセンサーを選んで置くだけで利用可能な LoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース」のアイキャッチ画像

センスウェイとピクスー、11種類のセンサーを選んで置くだけで利用可能な LoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース

センスウェイとピクスー、11種類のセンサーを選んで置くだけで利用可能なLoRaWAN対応IoTセンサーサービスをリリース~初期費用ゼロのセンサー付きLPWAサービスでIoTの活用をより身近に、簡単に~

「センスウェイのLPWA接続サービスにAzure IoT Hub との連携機能追加 ~LoRaWAN対応センサーのデータ可視化をより簡単に~」のアイキャッチ画像

センスウェイのLPWA接続サービスにAzure IoT Hub との連携機能追加 ~LoRaWAN対応センサーのデータ可視化をより簡単に~

センスウェイ株式会社(センスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下センスウェイ)は、LPWAのLoRaWAN接続のIoT通信プラットフォームサービスであるSenseWay Mission Connectに、Azure IoT Hubと連携するオプション機能を本日9月26日より提供開始します。また、従来、お客様のサーバーとの接続にはIoT通信プロトコルであるMQTTを利用していましたが、よりセキュリティが強いMQTTSでも接続できるオプションも本日提供開始します。

「IoT通信ネットワーク環境を活用、柏の葉キャンパスにIoTセンサー設置へ 街の環境情報を取得・可視化させ、スマートシティを実現 ―街のビッグデータ活用により、住みやすいまちづくりを推進―」のアイキャッチ画像

IoT通信ネットワーク環境を活用、柏の葉キャンパスにIoTセンサー設置へ 街の環境情報を取得・可視化させ、スマートシティを実現 ―街のビッグデータ活用により、住みやすいまちづくりを推進―

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)と、三井共同建設コンサルタント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 中野宇助)およびセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三)は、2018年8月31日より柏の葉キャンパスにて、IoTセンサーを設置し、街の環境情報の取得・可視化を通じて、より住みやすいまちづくりの為のIoTデータ活用を始めます。

「三井不動産とセンスウェイ、全国規模のIoT環境構築へ向けて事業提携 IoT環境整備によりリアルエステートテック活用を推進 ―電気メーター遠隔検針の実証実験を開始―」のアイキャッチ画像

三井不動産とセンスウェイ、全国規模のIoT環境構築へ向けて事業提携 IoT環境整備によりリアルエステートテック活用を推進 ―電気メーター遠隔検針の実証実験を開始―

三井不動産とセンスウェイ、全国規模のIoT環境構築へ向けて事業提携IoT環境整備によりリアルエステートテック活用を推進―電気メーター遠隔検針の実証実験を開始―

「「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」に参画、IoT普及・活用を目指す取り組みにセンスウェイがLoRaWANネットワークを無償で提供」のアイキャッチ画像

「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」に参画、IoT普及・活用を目指す取り組みにセンスウェイがLoRaWANネットワークを無償で提供

センスウェイは2018年6月5日発表された「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」に参画します。「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」は柏市、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)、ドローンワークス株式会社、三井不動産株式会社で設立された団体で、IoTの普及を目指す「IoTビジネス共創ラボ」(事務局:日本マイクロソフト株式会社 幹事企業:東京エレクトロン デバイス株式会社)の地域グループです。「柏の葉キャンパス」をはじめ、つくばエクスプレス沿線エリア一体に構築されたIoT実証フィールド環境を活用して、柏市を中心とした近隣地域へのIoTの普及や活用、IoT関連ビジネスの機会創出を目的に、企業、地方自治体、教育機関など様々な参画企業・団体とともに活動する団体です。センスウェイでは参画企業として、LoRaWANネットワークサービスである「SenseWay Mission Connect」を実証実験の為に無償で開放し、センサーからクラウドまでのネットワークを、構築する手間なく実証実験ができるよう貢献いたします。なお、柏の葉キャンパスを含む柏市ではサービス開始当初からいち早く設備展開しており、すでに大きなカバーエリアでサービス提供ができております。センスウェイは今後もIoT普及・活用を目指す取り組みに積極的に貢献していきます。

「センスウェイ、LoRaWAN™による誰でも簡単に利用できる IoT通信プラットフォーム「Senseway Mission Connect」を提供開始」のアイキャッチ画像

センスウェイ、LoRaWAN™による誰でも簡単に利用できる IoT通信プラットフォーム「Senseway Mission Connect」を提供開始

センスウェイ、LoRaWAN™による誰でも簡単に利用できるIoT通信プラットフォーム「Senseway Mission Connect」を提供開始~三井不動産の協力で全国に通信設備を展開、月額30円から利用できる通信サービスによりIoTの普及を支援~