プレスリリース | センスウェイ株式会社

「センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始~LoRaWAN™センサーを活用し、トイレ利用の課題を安価に簡単に解決~」のアイキャッチ画像

センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始~LoRaWAN™センサーを活用し、トイレ利用の課題を安価に簡単に解決~

センスウェイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長 神保 雄三 以下、センスウェイ)は、オフィス向けトイレIoTサービス「ToiletMaster(トイレットマスター)」を本日より提供開始します。センスウェイは、これまでスマートシティ・スマートビルディングの実現の為、IoT必須の通信規格であるLPWAのLoRaWANを活用したサービス開発を行い、様々な課題解決に取組んで参りました。こうした中、オフィスの利用者やビル管理者のご意見から、トイレでのスマートフォン利用などによる個室トイレの占有が常態化している実態に行き当たり、これを受けトイレにまつわる様々な課題をIoTによって解決する法人向けサービスとして「ToiletMaster」の開発を行いました。

「センスウェイ、「SenseWay Mission Connect」で新料金プランの提供を開始 ~月額費用0円からはじめられる「バリュープラン」と 「閉域プライベートプラン」を追加~」のアイキャッチ画像

センスウェイ、「SenseWay Mission Connect」で新料金プランの提供を開始 ~月額費用0円からはじめられる「バリュープラン」と 「閉域プライベートプラン」を追加~

IoT通信サービスを提供するセンスウェイ株式会社(センスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下センスウェイ)は、「SenseWay Mission Connect」に月額費用0円からはじめられる「バリュープラン」と、閉域ネットワークで利用できる「閉域プライベートサービス」を2020年2月4日(火)より提供を開始しました。

「LPWA事業者のセンスウェイ、NTTPCと協業し、 閉域型LoRaWANサービスを提供開始」のアイキャッチ画像

LPWA事業者のセンスウェイ、NTTPCと協業し、 閉域型LoRaWANサービスを提供開始

IoT通信プラットフォームサービスを提供するセンスウェイ株式会社(以下:センスウェイ)と株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下:NTTPC)は、閉域型LoRaWAN※1の事業化に向けた開発・販売面での協業に合意し、センスウェイは2020年2月4日から閉域型LoRaWANサービスの提供を開始します。センスウェイが提供するLoraWANサービス「SenseWay Mission Connect」にNTTPCのMaster’sONE IP-VPN閉域網を活用することで、IoTで機密性の高いデータを取り扱う自治体、製造業、建設業などセキュリティを重視するお客さま向けに、セキュアな閉域網で接続できるLoRaWANサービスを実現します。

「センスウェイ、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」に REST API機能を追加」のアイキャッチ画像

センスウェイ、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」に REST API機能を追加

センスウェイ株式会社(センスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下センスウェイ)は、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」にIoT 機器向けクラウドサービスREST API連携機能を、12月3日より提供開始します。

「省人化に対応した遠隔検針システムの共同プロジェクトを開始」のアイキャッチ画像

省人化に対応した遠隔検針システムの共同プロジェクトを開始

センスウェイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:神保 雄三、以下「センスウェイ」)は、大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)と、カメラ画像を活用した遠隔検針システムの開発に着手しました。

「センスウェイ、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」に AWS IoTへの連携機能を追加」のアイキャッチ画像

センスウェイ、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」に AWS IoTへの連携機能を追加

センスウェイ株式会社(センスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下センスウェイ)は、IoT通信プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」にアマゾンウェブサービス(以下AWS) のIoT 機器向けクラウドサービスAWS IoTとの連携機能を、9月11日より提供開始します。

「センスウェイ、IoTを活用したHACCP対応温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト」の提供開始」のアイキャッチ画像

センスウェイ、IoTを活用したHACCP対応温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト」の提供開始

IoT通信プラットフォームサービスを提供するセンスウェイ株式会社(本社::東京都中央区 代表取締役社長:神保 雄三 以下、センスウェイ)は、2018年6月に公布されたHACCP(ハサップ)に沿った食品衛生管理へ対応する食品事業者のため、IoTによるHACCP対応温度管理ソリューションサービス「サーマルコネクト(THERMAL CONNECT)」の提供を2019年9月2日より開始します。サービス開始記念として、初月基本料無料、先着5社にセンサー1台無償提供のキャンペーンを実施致します。

「朝日ネットとセンスウェイ資本業務提携を締結 ~IoT/M2Mサービスの共創に向けた取り組みを開始~」のアイキャッチ画像

朝日ネットとセンスウェイ資本業務提携を締結 ~IoT/M2Mサービスの共創に向けた取り組みを開始~

株式会社朝日ネット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方 次郎 以下、朝日ネット)とセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長: 神保 雄三 以下、センスウェイ)は、2019年7月19日に資本業務提携の締結が完了したことを発表いたします。本資本業務提携において、LoRaWANTMによるLPWAを活用した、IoT/M2Mサービスの共創推進を行ってまいります。

「柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置 気温・湿度を観測し、熱中症対策や見守りなど住民サービス創出を目指す」のアイキャッチ画像

柏の葉エリア広域にIoTセンサーを設置 気温・湿度を観測し、熱中症対策や見守りなど住民サービス創出を目指す

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)と、三井共同建設コンサルタント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 中野宇助)、センスウェイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三)、柏の葉アーバンデザインセンター(センター長 出口敦、以下、UDCK)は、地域でIoT(Internet of Things)普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」(幹事企業:三井不動産株式会社、他)の環境ワーキンググループのプロジェクトとして、柏の葉エリアの約4㎢範囲に気温・湿度を観測することができるLPWA(低消費電力・長距離通信)のLoRaWAN(TM)規格に対応したIoTセンサーを2019年8月7日までに28箇所の設置を完了いたします。IoTセンサーによって集計した気温・湿度データを蓄積・分析することで、熱中症対策や見守りなどの住民サービスの創出につなげてまいります。

「柏の葉IoTビジネス共創ラボ、ヘルスケアプロジェクトの実証実験開始 IoT技術を活用し、患者の行動フローを自動で可視化し、待ち時間の改善へ」のアイキャッチ画像

柏の葉IoTビジネス共創ラボ、ヘルスケアプロジェクトの実証実験開始 IoT技術を活用し、患者の行動フローを自動で可視化し、待ち時間の改善へ

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)およびセンスウェイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三/以下、センスウェイ)は、地域でIoT(Internet of Things)普及・活用を目指す「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」(幹事企業:三井不動産株式会社、他)のヘルスケア・ワーキングのプロジェクトとして、患者行動フローと滞留箇所の可視化・定量化する解析プロジェクトを千葉県 柏の葉キャンパスにある国立がん研究センター東病院において、2019年6月より開始いたしました。